そこに山と滝があるから

久々に手沢左岸尾根から大室山へ

今回は1年半ぶりの大室山です。

犬越路へのルートが嫌だったので、手沢の左岸尾根を登ることにしました。

この尾根、明確な踏み跡はありませんが、以前はなかった新たな目印が設置されていました。

色鮮やかな五分咲きのミツバツツジ。

尾根上は鹿の糞だらけですが、姿は全く見えません。

行く手に支尾根の分岐。

分岐点にはこんな案内が。 以前通った時はありませんでした。

雪が現れました。

間もなく稜線。 この斜度に雪が付いているのはキツイ・・

急斜面を登り切った先は一般登山道。

バイケイソウがまるでフキノトウみたいな姿です。

4月中旬なのに、富士はまるで真冬の姿です。

大室山の山頂に到着です。

加入道山経由の白石峠周回コースにて下山することとしました。

前方には常に富士、そして南アルプスに八ヶ岳!

加入道山避難小屋リニューアルと共に設置されたクマヨケは健在です。

そしてその避難小屋。

 

以上にて終了です。

昨年の台風で、白石峠からの谷沿いルートは壊滅状態に追い込まれてしまったようです。

一先ずの修復作業は終わっていましたが、その爪痕は痛々しいほどでした。

(修復作業にあたった皆さん、ありがとうございます!)

では引き続き次なる山を目指します!

眉山へ

今回も四国です。

徳島のシンボル「眉山」です。

眉山へ向かう前に麓の「いのたに」へ。

ここの徳島ラーメンは最高です!

ラーメンを堪能したら阿波おどり会館横の天神社へ。

ラジオ体操の像・・

徳島には写し霊場があるのですね。 知らなかった・・

階段の先は山道。

その先にロープウェイの支柱。

眉山の標高は290mなので、あっという間に山頂へ到着です。

山頂からは徳島の街を一望。

街のど真ん中を流れる河川は暴れ川「吉野川」。

 

続いて一番さん「霊山寺」へ。

 

以上にて終了です。

私も四国八十八ヵ所遍路や西国三十三ヵ所霊場巡礼をやってみようかと思います。

こんぴらさんへ

今回は四国琴平の「金毘羅宮」へ。

表参道に到着。

参道口には「金陵の郷」。

230年の歴史を感じます。

そばとうどんの店「虎屋」。 400年前に創業したとか。

785段の石段が始まりました。

満開の桜に癒されながら、ひたすら登るのみ。

笑顔でしあわせ。こんぴらさん!!

桜のトンネルは未完成。

こんぴら狗(いぬ)ゴン。

今治造船奉納の巨大スクリュー。

19.2tって書いてあるが、どうやってここまで運んだのか?

628段登ったところにある旭社の水がめでコイン浮かし。

浮かびました! 願いが叶うらしいです。

御本宮に到着。 お参り後は、ありがたい御朱印頂戴です。

うどんタクシー発見です。

 

以上で終了です。

今回も讃岐うどんを食べまくりました。

琴平に向かう途中に食べた「宮武うどん」は最高です!

久々の高松、ついでに倉敷へ

今回は4年ぶりの高松です。

私は空路が好きではなので、今回も陸路で高松へ。

ついでに倉敷へ。

倉敷らーめん。

美観地区は美しい街並みです。

観龍寺。

阿智神社。

二礼二拍手一礼。

どうです?倉敷へ行きたくなったでしょ!

倉敷帆布。

団扇で頭をたたく素隠居現る。

この路地はどこへ続くのか?

どうです?倉敷に行きたいでしょ?

倉敷アイビースクエアにもお立ち寄りください。

 

高松港の赤灯台。

高松は清々しい街です。

4年前にはなかったオブッジェ。 台湾のアーティストの作品です。

宇多津からアンパンマン列車に乗車。

 

以上で終了です。

今回も讃岐うどんを食べまくりましたよ。

久々の檜洞丸

毎年冬になるとここへ来ていたのを思い出し、行ってきました。

用木沢出合からスタートです。

ミツマタが咲き始めていました。 すっかり春です・・

犬越路に到着。 ここへ来るのは14か月ぶり。

氷柱。山の上はまだまだ冬です。

久々のアスレチックルート。 楽しい!

彼方に南アルプス一望!  北は甲斐駒から南は聖まで見えます。

蛭ヶ岳。

山頂手前の階段地獄第一弾。

このルートで一番好きな場所です。

山頂手前の尾根、その先に階段地獄第二弾。

そんな尾根と階段は富士の絶景ルートです。

再び南アルプス。 手前は御正体山。奥は三ツ峠。

大室山。 彼方に奥秩父の山塊。

檜洞丸の山頂に到着。

 

以上で終了です。

今回はこのコースをピストンしました。

 

では引き続き次なる山を目指します!

久々の大山

ふと大山へ登りたくなり、行ってきました。

朝7時半、鶴巻温泉よりスタート。

いぶし銀な旅館です!

鶴巻温泉の裏山に入山。

道端には満開のスイセン。

吾妻山の山頂に到着。

善波峠。 ここからは弘法大師ゆかりの山岳信仰の道です。

いくつかの急坂を登り詰め、高取山。

山中は吠えまくる犬たちが激走していました。

その先には静かに獲物を待つ猟友会の皆さん。

遠方から5発の銃声が・・ 合掌。

尾根上にはNTTの電波中継所。

大山の斜面に入りました。

女人禁制の碑。

表参道に合流。 人が一気に増えます。

イタミツ分岐。

山頂に到着。 ここに来るのは何年ぶりだろうか?

山頂から関東平野ビュー。

見晴し台方面へ下降開始。

下降途中、私が歩いて来た尾根を一望。

見晴し台に到着。

日向薬師方面へ更に下降。

道端にはミツマタが群生。 間もなく開花ですね。

13時、登山口へ下山しました。

浄発願寺、立派な仏像と三十の塔です。

里山は梅が見ごろです。

 

以上で終了です。

鶴巻温泉から大山を経て日向薬師まで17km、約6時間の旅でした。

 

では引き続き次なる山へ向かいます!

久々の塔ノ岳

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

11月に槍ヶ岳へ登って以来ですから3か月ぶりです。

久々の登山なので、足慣らしからです。

 

まずは1月下旬の塔ノ岳。

戸沢から花立山荘へ向けた尾根。

振り返ると相模湾。

沖合拡大。 大島、三宅島、利島、新島、式根島、神津島まで見えます。

気持ちがよい日です。

花立山荘下は崩れていました。 昨年の台風の爪痕です。

大倉尾根を少し登ると富士。 素晴らしい!

塔ノ岳山頂。

お決まりの絵。 富士の奥に南アルプス。

南は上河内岳から北の甲斐駒まで全部見えます。

 

続いて2月上旬。

政次郎ノ頭から三ノ塔方面。

霧氷がきれいです!

素晴らしい!

稜線は霧氷のトンネルです。

自然の造形美。 霧氷が美味しそうなのでちょっとだけ食べてみました。

富士が顔を出しました。

塔ノ岳山頂下。

山頂。

 

久々の塔ノ岳トレーニング。

素晴らしいロケーションに恵まれました。

 

忙しかったのと、体調を崩していたせいで山から遠のいていましたが、

久々に山へ戻ってこれました。

ということで復活しましたので、引き続き次なる山を目指します!

誰もいない槍ヶ岳へ

ご無沙汰をしてしまいました。

2か月ぶりの投稿です。

ここ3か月ほど、ほとんど山には向かえずにおりました。

今回は槍ヶ岳です。

小屋閉め後の槍平小屋のテン場をベースにし、誰もいない槍ヶ岳をじっくり楽しむ計画としました。

 

翌朝、千丈乗越まで登り詰め、西鎌尾根方面から登り詰め。

山頂の岩塊。 誰もいません。

11月3日に小屋閉めしたばかりの槍ヶ岳山荘。

槍の穂先を目指します。

穂先です。 風が強くて寒い・・

南東方面。 南アルプス、八ヶ岳、遠くに富士。 全部見えます。

南側には大喰岳。 その先は穂高の稜線。

少し離れたところに焼岳、そして乗鞍岳。

北側には北アルプスの稜線を一望。 左手には裏銀座。

西側には西鎌尾根と双六、そして笠ケ岳へと続く美しい稜線。

最後にお決まりの絵。

テン場です。

槍平から望む、夕焼けに染まった南岳と北穂。

 

更に翌日。

槍平の裏山、奥丸山へ。

槍から中岳。

北穂、奥穂、西穂。

西側は抜戸岳、弓折岳、双六岳。

 

以上で終了です。

深秋の槍ヶ岳、そして穂高の絶景を、思う存分楽しませていただきました。

では引き続き次なる山を目指します!

鍋割山へ

今回は鈍った体を鍛えるべく、何となく表丹沢方面へ。

雨雲レーダーを参考にしながら登る山を見極めた結果は鍋割山でした。

入山は寄(やどりき)の奥にある後沢。

雑木林の右岸尾根はヤマビルだらけ・・ 塩で徹底的に退治です。

大小様々なサイズのヤマビルたち。 気持ち悪い・・

ヤマビル退治に集中している中、ホトトギス発見。

なんてほっこりしていたら、ソックス内への進入を許してしまいました。

私の血で肥大化して動かなくなったヤマビルは徹底的に塩漬けです。

登山道に出ました。 これにてヒルとはお別れです。

100匹ほど退治しました。

分かってはいましたが、夏の丹沢は登山道を外れてはいけませんね。

夏の空。 あと少しで終わりです。

山頂に到着。

やはり鍋割山にして正解です。 雲が流れるルートからは外れています。

下山はコシバ沢ルート。

このコシバ沢ルートは半獣道だけど、南斜面の原生林と沢なのでヒルがいません。

 

以上で終了です。

ヒルに噛まれた箇所はまだ出血が止まりません。

11月ぐらいまでは丹沢の獣道に入るのは止めておきます。

では引き続き次なる山や谷を目指します!

瑞牆山の亀

瑞牆山に登った知人から、縁起がよい?写真が届きました。

亀ですね!

しかも生きている感じがします。

目を見開いていますし、躍動感があります。

1 2 3 4 15